彦根暮らしBLOG

~ 琵琶湖に抱かれて ~

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 彦根市通信
  4. 暖かい暮らしをして使わなくなった物5選

暖かい暮らしをして使わなくなった物5選

寒い季節、家の中では暖かく過ごして欲しいです。それは、モコモコ靴下を履いてとか、防寒着を着てとかではなく、家の空気自体を暖めて欲しいのです。
肺に入る空気が冷めたくないように過ごすことで、免疫力が上がり健康に繋がるからです。

これから新築をお考えの方、またリフォーム工事をお考えの方、せっかく工事をするのなら、デザインや使い勝手と共に、暖かく過ごすにも気に掛けてみて下さい。⁡
家は暖かくできるようにすれば、涼しくするのは簡単に出来ます。

まずは自ら率先して暖かくして生活していると、使わなくなった物がどんどん出てきました。
以前住んでいた家では使っていた物で、
引っ越しをして暖かい暮らしを始めると使わなくなった物5選を今日はお伝えしてみたいと思います。

①コタツ

コタツにみかん派だった僕です。
体によくないのですが、コタツで寝るのが気持ち良かったりするんですよね。
ですが、部屋を暖かくすると…
そもそも暖かいのでこたつに入りたいと思わなくなりました。

②ホットカーペット

以前の家のリビングでは、コタツの下にホットカーペットを敷いてました。
コタツだけより、弱でホットカーペットをつけていた方が足元が暖かったからです。
そこにプラス厚手のカーペットをその上に敷いてと、コタツ回りだけはしっかりと暖房しておりました。
今は床が冷たくないので、ラグやカーペットをインテリアとして置いているだけ。
ちなみにモデルハウスには床暖房は設置しておりません。

③毛布と羽毛布団

掛け布団の下に毛布⁇
掛け布団の上に毛布⁇
のプチ論争になった時期がありました。
うちの場合、綿の布団の時は下に毛布。
羽毛布団の時は上に毛布で落ち着きました。正解なのかはわかりませんが(^_^;)
寒いときに暖かい布団にくるまって寝る。気持ちいいんです。
ですが、これも使わなくなりました。
使わない夏の季節に収納場所に悩むこともなく、年がら年中夏布団やタオルケットで寝るようになったので、毎日洗濯してても苦にならないと奥さん。
楽チンですし、なにより衛生的になりますよ。

④布団乾燥機

よく冷え込んだ夜、冷たい布団に入るのが嫌で先に布団乾燥機で布団を暖めておりました。
布団に入る頃にはチョー快適で✨
ですが、布団が冷えるという事がなくなりましたし、何より毛布や羽毛布団を使わなくなったので布団乾燥機もそれと共に使わなくなりました。

⑤冬用のフリースパジャマ

旅行等の時には必要なので捨てずに置いてありますが、普段は夏用のパジャマで十分です。
厚手の物を洗うより、薄手の物を洗う方が楽チン。こちらも洗濯の手間が減りました。

冬になると多くの家庭では普通に見たり使っていたりするものばかりです。
特に家族分の冬布団の収納場所が必要なくなるというのはデカいですよね。

⁡今回のお話しには上がっていない、ファンヒーターやストーブなんかもそうですよね。
個人的な感想になりますが、これらは灯油を買いに行くにも、灯油を入れにいくのも寒かったり、手が臭くなったりして面倒。灯油を置いておく場所も確保しなくてはいけないし、空気は悪くなるしで、僕は以前の住まいから使っておりませんでした。
⁡ワンちゃんと生活している知り合いの方のお話しによると、エアコンはワンちゃんのために常時つけっぱなし。
在宅の時は、エアコンと更にコタツとファンヒーターを付けてるとのこと。
⁡知らず知らずのうちに暖房にかける費用って結構使っているんだなと感じます。

こういった洗濯の手間や、場所の確保、また買い替えの費用等も含めて考えると、実は無くせるものが沢山あります。

暖かい生活をすると余分なものは断捨離できて、ストレスなく過ごせますよー!

~・~・~ イベント情報 ~・~・~
【日時】
2022年
2月12日(土)13日(日)
2月19日(土)20日(日)
全日程、完全予約制になります<m(__)m>
10:00〜 / 13:00〜 /15:00〜 / 17:00〜

ご予約は、お電話もしくはプロフィール画面のURLへ♬
0749-27-6111
————————————–**

旬スタイルのモデルハウスは実際暮らしているからリアルをお届けできます
@shun_styleのプロフィール画面より
モデルハウス見学お申込みください(#^.^#)

—————————————**

家族の健康を、おうちから
株式会社旬スタイル
滋賀県彦根市正法寺町470-39
0749-27-6111

関連記事