彦根暮らしBLOG

~ 琵琶湖に抱かれて ~

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 彦根市通信
  4. フラットな玄関

フラットな玄関

家の外と内を区別するために
多くのおうちの玄関は、10㎝〜20㎝ほどの段差があるのではないでしょうか⁉️

マンションだと5㎝前後ぐらいの段差のとこが多いように感じます。

ちなみに、僕の実家は24㎝ほどの段差があります。
この段差、若い時や元気な間は気にならないのですが…。
今では一段踏板を設置して、高さを和らげております。

フラットな玄関の家に住み始めると
慣れるまでは一瞬『どこで靴を脱ぐんだっけ⁇』
ってなるみたいですが🤣笑
1週間もすれば段差がないのが当たり前になると仰います。

それからは、玄関に段がある方がめんどくさく感じるようになるとのことです。

どうしても、玄関がフラットだと砂やホコリが室内に入りやすくなるイメージがあるようなのですが…
実際に小さな男の子が2人のご家庭でも、フラットな玄関で全く問題なく生活されています。

また、足を骨折してしまい、松葉杖を使う生活になった時に、改めてフラットな玄関で良かったと感じたともお聞きしました。

更に、土間の部分(コンクリートの部分)がないので
冬場玄関が寒くなることがありません。
帰宅の際、靴を脱いでフローリングに足をついた一歩目から床は暖かいです。

お出かけの際の見送りから
家族の帰宅やお客様を出迎える玄関。
オシャレにも気を遣い、使い勝手も良くしたいですよね。

旬styleのモデルハウスは駐車場から玄関まで段差なしを採用しておりますよ✨

彦根玄関1 彦根玄関2

彦根玄関3 彦根玄関4

旬スタイルのモデルハウスは実際暮らしているからリアルをお届けできます
彦根でモデルハウスなら旬スタイル
家族の健康を、おうちから
株式会社旬スタイル
滋賀県彦根市正法寺町470-39
0749-27-6111

関連記事