モデルハウス グランドオープン

2020年12月中旬公開

Hikone Model House

彦根モデルハウス -住宅展示場-

オシャレなくせして高性能

斬新なのにラグジュアリーなモデルハウス

グランドオープン

彦根でモデルハウスなら旬スタイル

Information

-展示場案内-

住所

〒522-0024
滋賀県彦根市正法寺町470-39

tel

0749-27-6111

営業時間

9:00〜18:00

定休日

不定休

駐車場

モデルハウス前をご利用ください( 2台 )

彦根モデルハウスへの想い

彦根市で注文住宅なら旬スタイル

株式会社旬スタイル 代表 北平地 旬也

彦根モデルハウス建設のきっかけは、お客様からの一言でした。

『他のお客さんの住み心地が快適なのはわかりました。で、社長さんの家はなんで推奨する性能の家ではないのですか?』
お客様にとっては何気ない質問でしたが、わたしにとっては大きな一言でした。

『よし、それならば自分で建てた家に自分が住み、体感出来る家にしよう!!』と、それから土地探しに1年。ようやく見つかった土地。
そこから自分の思い、奥さんの思い、お客さんにどう見せたいのか、色々と考え抜いたのが、このモデルハウスです。

自分が住むことで、一言で「この家は快適です。」と伝えるのではなくて、「どう快適」で、「ここは〇〇した方がより快適に感じられます」など、理屈ではない実体験をご紹介できます。
なので、かなり攻めた家になりました。普通の家は、皆さんが体感してしまっているので、そうではない家。かつ、オシャレなくせして高性能。斬新なのにラグジュアリーに繋がっております。

彦根でモデルハウスをご覧になる際は、旬スタイルのモデルハウスもぜひご覧ください。他では体感できない空間を体感して頂けます。

彦根でモデルハウスなら旬スタイル

【世界三大巨匠の建築物の実物を見る】

建築界の世界三大巨匠

ミース・ファン・デル・ローエ(アメリカ シカゴ : ファンズワース邸)

ル・コルビュジエ (フランス パリ郊外 : サヴォア邸)

フランク・ロイド・ライト (アメリカ・ベンシルベニア州 : カウフマン邸/落水荘)

この巨匠の建物を「生で見る」。この経験は、今回のモデルハウスを設計するに当たり、すごく勉強になりました。

この三大巨匠について語る設計士やデザイナーはたくさんいますが、

この三大巨匠の建物の実物を生で見たことがある方って、限られていると思います。

というのも、本当に行くのが大変・・・そして、見学予約するのも・・・

しかし、ネットで見る写真や図面からは読み取れないものが、現地にはありました。

その刺激を、今回の彦根モデルハウスに詰め込めたことは、私の自信にも繋がりました。

ぜひ一度、ご覧ください。

一般的な断熱材のサイズ比較

一般的な断熱材のサイズ…105ミリ

旬スタイルの断熱材のサイズ…180ミリ

この75ミリの差は、家の性能を確実に上げ、他社にはない省エネ性能を発揮します。だからこそ、吹き抜けリビングがあってもエアコンがバッチリ効きますし、一年中、半袖短パンで過ごせるのです。

【モデルハウスの構造・断熱】

コンクリート基礎の上に土台を敷き、その上に柱、梁、筋交いを用いて構成された設計自由度の高い木造軸組工法を採用しております。
そして柱や梁を縦、横の『線』によって組み立てている木造軸組工法に、折れる恐れのある筋交いは使わずに、耐震性に優れている木造枠組壁工法で用いています。
面材を柱や梁に打ち付けて『面』で支える工法を取り入れてます。
この筋交いから面材に変えることで、家の強度と断熱性能の高めることが出来ます。

そしてモデルハウスでは、断熱材の厚みにもこだわりました。
屋根断熱、天井断熱は空間の確保が容易なため比較的に簡単に厚みを増すことが出来ます。
ですが、壁となると中々難しくなります。そこで外皮性能(外周壁の厚み=断熱材の厚み)を上げるために、滋賀県で唯一弊社だけが使える特許J2×ハイブリッド工法を使い、壁の断熱材の厚み180ミリを確保。

在来工法で建てている家の多くは、柱のサイズは105ミリか120ミリなので、断熱材はその厚さが限界です(付加断熱無しの場合)。

弊社モデルハウスでは105ミリより1.7倍‼︎120ミリより1.5倍‼︎の厚さの充填断熱が可能になっております。
更に180ミリの断熱材を210ミリや240ミリに性能アップも可能。

そこから更に更に付加断熱も可能。長年にわたり壊れることなく性能を発揮し続けるグラスウールの断熱材。断熱性能にこだわりたい方や何年にもわたって省エネを続けたい方にはピッタリな工法だといえます。
断熱材の厚みが増せば室内は外気温からの影響を受けにくくなり、エアコンの効きもよくなります。 室内が快適、そして省エネへと繋がっていきます。

建築基準法どおりの家を建てたところで、快適な家にはなりません。

家族の健康を守る快適な家は、ビニールクロスで隠れてしまうところまで、こだわり抜いた施工技術が必要です。

旬スタイルでは「進化し続ける家づくり」を追い求める大工が、一棟一棟魂込めて築きあげます。

【モデルハウス 気密】

しっかり断熱材を充填しても、隙間だらけの家ではせっかくのエアコンの効きが悪くなってしまいます。 せっかく断熱にこだわったのに…。 そこで旬styleでは気密にも力を入れております。

【モデルハウス 気密性能】

最近、ちょくちょくと高気密住宅と聞くことも増えたのではないでしょうか?何をそんなにこだわる必要があるの?って思われてる方も多いと思います。では、何で高気密にこだわるのか。

しっかり断熱材を充填したのに、隙間の多い家ではエアコンの効きが悪くなってしまいます。っていうのは、わかりやすいと思います。 それだけのこと⁇ではなくて、 いくつか大きなメリットがあります。

○隙間(漏気)が無くなるとエアコンの熱が逃げないし、外気が入ってこないので省エネに繋がります。

○温度管理がしやすくなるので温度差を軽減できて、ヒートショックの予防に繋がります。安定して温度管理が出来るので室内は快適。

○室内の計画換気が出来るので、室内の空気は常に新鮮になります。 弊社はフィルターを通して綺麗な空気が入ってきます。そして汚れた空気は確実に排気されます。なので、キッチンの換気扇がなくても匂いが残りません。

○壁体内結露の防止にも役立つので建物を長持ちに繋がり、断熱材の性能の維持にも繋がります。

等の理由から気密性能にこだわっております。パッと家を見ただけでは家全体の隙間の大きさなんてわかりません。目では見えない隙間の大きさを機械を用いて測定。隙間の大きさを数字に置き換えてわかりやすいようになっております。それが気密性能値『C値』。 車の『燃費 ◯◯キロ』は数字が大きい方が燃費は良くなりますが、C値はその逆で、数字が小さい方が車でいう燃費が良くなる=省エネになり、上記で上げた性能が発揮されていきます。 モデルの測定結果は全国でもトップクラスのC値0.06㎠/㎡の超高気密住宅。家全体で切手サイズの隙間しかありません。 大手ハウスメーカーでもC値0.59㎠/㎡でうたっているところもあるので、いかに意識して施工しているのがわかるかと思います。大工さんを中心とし、卓越した施工技術と気密工事に対する業者さんの高い意識と知識に脱帽です。

【旬スタイルのライフスタイル】
主婦の毎日の仕事3選へのご提案

彦根でモデルハウスなら旬スタイル

キッチンの換気扇は必要ありません

キッチンの換気扇って、掃除が面倒!こまめにフィルター交換しても、汚れるものは汚れるから年末にご主人が掃除するお宅も少なくないのではないでしょうか?

旬スタイルのキッチンは、そんな仕事から解放されます!

換気扇がないから、キッチンの間取りも自由度が上がります。ぜひモデルハウスで、ご覧くださいませ。

彦根市でモデルハウスなら旬スタイル

好きな時に洗濯すればOK

「今日、雨降るかなぁ…?」のために天気予報を見る。子供の帰ってくる時間と、洗濯物を上げる時間・たたむ時間が重なる。花粉症の時期は、できれば室内干しだけど乾ききらないからランドリーに行く。なんて方も多いのではないでしょうか?

旬スタイルでは、室内干しなのに一晩でしっかり乾くから、洗濯時間に拘束されません。彦根モデルハウスでは、クリーニングルームを設けることで室内干しを急なお客様に見られることもありませんし、じつは、そのままウォークインになってます。

彦根でモデルハウスなら旬スタイル

掃除はルンバにお任せ