彦根暮らしBLOG

~ 琵琶湖に抱かれて ~

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 彦根市通信
  4. 【引き渡し後2年目のC値測定】

【引き渡し後2年目のC値測定】

新築を建てた際に気密測定をする会社
しない会社色々ありますよね。

ですが、建てた新築が高気密住宅ということであれば
気密測定をするのが当然だと個人的には思っております。

旬styleで採用してるC値の測定方法は
家の中で一番小さな窓で測定する事
測定時期は引き渡し直前の一発勝負!(◎_◎;)

測定して出た気密性能の表す数値=C値は
キチンと『防湿』(防湿の説明はまたどこかで🤚)
が出来ているのを確認をする数値としても
使えると考えております。

C値が良い=防湿がしっかりと出来ている
と判断出来るわけです。

一回限りのお引き渡し直前の気密測定‼️
測定の数値を限りなくゼロに近づけれるように
丁寧に施工していきます。

結果、モデルハウスの新築当初のC値は
【0.06㎠/㎡】

今日はそのC値のお話しを少ししてみたいと思います🙇🏻‍♂️🙇🏻‍♂️


=================

気密性はどうしても木材や窓の樹脂・ゴムパッキンの
劣化や収縮により微妙な変形が起こり悪化していきます。

築10年を経過するとC値は1.5倍〜2倍ほど悪くなる
ということを聞いたこともありますが
当然ながら気密工事の方法によっても異なります。

お客様にいつも気密の大事さをお伝えしている以上
自分達の施工した家がどのような変化が起こるのか
プロとしてそこは理解していなくてはいけません。

って事で❗️
引っ越しして2年のモデルハウスですが
C値がどう変化したのか実際に測定してみました。



引っ越しして2年が経過して改めて測定したC値は
【0.07㎠/㎡】

2年で【0.01 ㎠/㎡】の変化でした!


『どんだけ頑張っても、どうせ劣化するんやったら
一生懸命気密性能あげても一緒やん‼️』
と思わないで下さい!

計画的な換気を行う上でのC値の目安は0.36㎠/㎡以下。

もし仮にC値0.06㎠/㎡が単純に2倍になったとしても
0.12㎠/㎡です。
まだまだ計画的に換気が出来る数値であり
全国的にみてもC値0.12㎠/㎡はかなり良い数字です。

そう考えると、引き渡し時にどれだけキッチリ施工して
良い性能になっているかで
今後どれだけ長期にわたり高気密が維持されるか
そして計画換気がキチンと行われるか
に関わってきます。

室内の快適な環境を整えるのに必要な気密。
家を長持ちさせる為の防湿。
それに付随する計画換気の性能。

ここを理解せず
『気密なんてそんなに出さなくて良いんです。』
『中気密で大丈夫ですよ』
なんてお客様に平気で言ってしまってる
プロの建築家も居てるのが現実で💦

一般の方には聞く会社によって言うこと違うし
と迷われる方もいらっしゃると思います。

何のために気密が大事か
何のために防湿が大事か
何のために計画換気が必要なのか

また気密の測定時期はいつなのか

ここを明確に答えられる
そんなプロに家の事は相談して頂ければと思います😊⁡
⁡⁡⁡
彦根C値測定

彦根C値測定 彦根C値測定

彦根C値測定 彦根C値測定

⁡旬スタイルのモデルハウスは実際暮らしているからリアルをお届けできます
@shun_styleのプロフィール画面より
モデルハウス見学お申込みください(#^.^#)

彦根でモデルハウス見学なら旬スタイル

—————————————**
家族の健康を、おうちから
株式会社旬スタイル
滋賀県彦根市正法寺町470-39
0749-27-6111⁡

関連記事