彦根暮らしBLOG

~ 琵琶湖に抱かれて ~

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 彦根市通信
  4. 父と大工と僕の仕事

父と大工と僕の仕事

急に暑くなりましたねぇ…😫
まだ6月だけど彦根市でも35℃を越える猛暑日が続き
日差しも強く、日焼け止めや熱中症対策が必須となっております・・・

みなさんも水分をしっかり摂って
くれぐれも無理をしないでくださいね!

って事で
今回は僕が大工の道に進むきっかけとなった
父との仕事の思い出をお話ししたいと思います。

①最初の一歩は父のお手伝い

彦根大工仕事今では考えられないことですが💧
40数年前のまだまだ色んな事が緩い時代
僕が小学校の低学年の頃は父のお手伝いと称して
大工をしていた父の現場によく連れて行ってもらっていました。

一応、父の仕事のお手伝いという名目で
ちょっとした掃除の手伝いをしたり
釘抜きと言われれば釘抜きを取りに行き
さしがね(大工道具)と言われればさしがねを取りに行き
簡単な手元作業をしておりました。

また、手伝いに行った日の僕の期待はもう一つ!
父から飲み物の買い出しを頼まれた時に
おやつを少し買ってきても良いよっと言ってもらえるか笑

手伝いに行っているんだけど
休憩時間の10時、15時がとても待ち遠しくて✨
めでたくおやつの購入の許可が出た時には
ウキウキしながら飲み物の買い出しに行ってた事を
今でも鮮明に記憶しています笑

今思えば、大工になるという道は
この頃から自然と頭に入っていたんだと思います。

②父の裏技から学ぶ

彦根大工仕事大工としての父の仕事もとても素晴らしかったのですが
何より父の仕事の仕方で覚えているのは
お客様や近隣の方とコミュニケーションを取るのが
とても上手だったな〜と感じています。

当時、お世話になっていた工務店さんからは
トラブルになってしまったお客様のところには
父に大工さんとして現場に入ってもらい対応をして頂きたい
と言われていたんです。

実際、こんなエピソードがありました。

お隣さんと騒音問題でトラブルが起きていた現場があり
またまた父に指名が入り、僕も一緒にその現場に入りました。

最初こそ色々とお客様から苦情があがっていたんですが
段々と『休憩の時にこれ食べてくださ〜い♬』と
三色団子やコーヒーを出して頂いたり
お客様の表情が日々変化していったという思い出があります。

今思えば父も大変だったこととは思いますが
何件かのトラブルを実際に事前に回避出来たのを
目の前で見ていて感じたのは

焦ることなく、挨拶から始まり
ちょっとした時に声掛けをしている父の姿
大工だから大工の仕事をすれば良いというのではなく
現場でも普段の私生活でも
威張ることなく傲ることなく人と接してはりました。


僕の今の仕事の在り方は
この父のお客様への対応する姿が根底にあるんだと思います。

③修行時代の父の一言

彦根大工仕事職人あるあるだと思うのですが
仕事は手取り足取り教えてくれることは有りません
基本は見て覚えろです

何度も何度も見て、覚えろ。
こと細かくは教えてくれませんでした。

今となればわかるのですが
体で覚える感覚的な部分もあるので
1〜10まで全ての説明するのは難しいのです。

とはいえ、実際に施工する時には
父に都度確認してから施工しておりました。

例えば、床柱。
一本、数万円もする柱を施工ミスした時がありました💧

それでも父から言われたことは
『お前が失敗するのは想定内。それでも、やってみないとわからないことがあるやろ。だから、やらせるんや。失敗したなら、その柱を使って練習してみ。』と。

失敗しても決して声を荒げて怒る親方ではなかったです。

僕もそこは引き継いているのか
声を荒げて怒ることはありません。

ですが、お客様から
『旬さんは優しいけど厳しいよね笑』
とはよく言われるんですよね・・・
あれ?😆?

==================

大工さんとして現場に出ていた時も
お客様と設計の打ち合わせをしている時も
僕の仕事には父から学んだ色々が
たくさん身についているんだなぁと
今回改めて感じました✨

お客様の大切なおうちですから
当たり前の事ですが妥協なく
本気の提案をし続けていきたいと思います😊

旬スタイルのモデルハウスは実際暮らしているからリアルをお届けできます
彦根でモデルハウス見学なら旬スタイル
—————————————**
家族の健康を、おうちから
株式会社旬スタイル
滋賀県彦根市正法寺町470-39
0749-27-6111

関連記事