彦根暮らしBLOG

~ 琵琶湖に抱かれて ~

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新築注文リフォームのヒント
  4. 雨漏りからのリフォーム
彦根市旬スタイル雨漏りイラスト

雨漏りからのリフォーム

今年は例年に比べ多くの自然災害に
見舞われた年でしたね…ォィ!!( ง ᵒ̌皿ᵒ̌)ง

そんなある日、
台風通過の夜22時頃…
お客様から、ポタポタとしたたり落ちる雨漏りの動画が送られてきました(꒪ꇴ꒪|||)

17年前に某ハウスメーカーで新築されたお家。

動画を見てすぐにお客様にご連絡、台風明けの晴れた日にお家へ訪問しました(*`・ω・)

お客様了承の元、押入れの天井を開けて点検を実施!

天井に濡れた形跡が…

 

さらにベランダへ出て点検すると

壁の接続部に1センチにも満たない小さな亀裂を何箇所か発見…ぁらノ(´д`*)

ベランダに水をまいて水漏れ部の確認をしてみると…
なんと全部ドボドボと壁の内側へ流れてくるではないですか…

動画はこちら

B259134C-166B-4710-8B5F-1CA454B113E9

 

こちらのお家防水シートが貼られておらず

亀裂から入ってくる水が即壁の内側へ流れている状態でした…

断熱材も濡れて本来の機能を果たしていない(ŐдŐ๑)

まさか、こんなにひどい状況だとは思っていなかったお客様も驚きで声が出ず…

『築17年やけど…一度も外壁のメンテナンスをしたことがなかったの…だって自宅購入時40年ほど耐久があるから何もしなくて良いと言われたから…』

そんな記憶があるそうで…40年持つなら安心と思っていたそうです(涙)

メーカーの担当者からそんなコトを言われたら、当然そうゆうもんなんやぁ~って思いますよね…

いくら耐久性に優れている素材を使うとはいえ、建てるプロとして、お施主様にはメンテナンス方法、時期などしっかりお伝えしてほしいものです(◞‸◟ㆀ)

と言うことで、早速リフォーム開始!

まずはベランダのコーキングの打ち直し!
そして足場を組むのなら…と屋根と外壁の塗装も一緒にさせていただきました!!ヌリヌリ( ‘ω’)ノ

before

after

before

after

問題のベランダ下にある和室は
壁をめくり、用途を果たさなくなった断熱材の入れ替え。それに伴い天井と壁のクロスを一新!

before

after

さらにキッチンの壁のクロスも、元気な息子ちゃん達にめくられていたので、コルクボードへと変身しました(*Ü*)

無事、年内に綺麗に仕上がり(゚∀゚ノノ”☆パチパチ★
これで、雨の日も雪の日も安心して過ごして頂けます(ෆ ͒•∘̬• ͒)◞

 

新築・新築注文住宅・リフォームの事なら
滋賀・近畿で唯一の特許を持っている
地元の小さなハウスメーカー
旬styleにお任せください!

資料請求はコチラ

関連記事